櫻子の部屋では気になる情報をお届けします!

「iCloudストレージがいっぱいです」が表示された時どうすればいい?対処法などを紹介

2019/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして☆さくらこです。 初代Macからのパソコン歴20年以上の主婦ブロガーです。 主婦目線で気になったことなどを色々書いています!

iPhoneを使用しているとき「iCloudストレージがいっぱいです」と表示されることがあります。

ここではアップルのiCloudとは何か、「iCloudストレージがいっぱいです」が表示された時の対処法などを紹介していきたいと思います。

このApple IDを使って自分のiPhone内のデータをアップルが提供するiCloudに連絡先や写真・アプリのデータなどを保存することが出来ます。

iCloud(アイクラウド)とは?

iCloudとは、Appleが提供しているクラウドサービスです。

ネット上の目には見えない所に様々な情報を保存し管理している場所になります。

このクラウドサービスに保存されているデータをどの端末からも引き出してくることが出来ます。

アップルのiCloudには自分のiPhone内のデータを5GBまで無料で保存しておく事が出来ます。

iCloud(アイクラウド)で何ができるの?

iCloudに自分のiPhoneの大切なデータを保存しておくことができます。

万が一iPhoneが壊れても新しいiPhoneにiCloudからデータを移し復元することが出来ます。

・連絡先
・カレンダー
・メモ
・写真
・ブックマーク
 など

また、機種変更をした時もiCloudからデータを新しいiPhoneへ簡単に移すことが出来ます。


どうして「iCloudストレージがいっぱいです」と表示される?

そもそもAppleが無料で提供してくれているiCloudは5GBまでしかデータを保存することしか出来ません。

iPhone内のデータが5GBを超えてしまうとiCloudにデータを保存することが出来ず「iCloudストレージがいっぱいです」と表示されます。

  • 写真や動画のデータが多くなった
  • 大量のメールが保存されて残っている

5GBを超えてしまいiCloud内に最新データが保存されていないと、iPhoneが壊れてデータを復元したいと思った時に最新のデータで復元できないという事になってしまいます。

「iCloudストレージがいっぱいです」が表示された時はどうするの?

「iCloudストレージがいっぱいです」と表示されたとき、すぐにでも対処が必要かというとそうではありません。

無視していても大丈夫なのですが、それ以降に保存されたデータや写真が保存されていないということを理解しておくことが必要です。


万が一、何か不具合が起きてiPhoneが壊れ、データが全て無くなってしまった場合、iCloudからデータを復元できます。

そのため、「iCloudストレージがいっぱいです」の前までに保存されていたデータは戻すことが出来ます。

しかし、iCloudがいっぱいになった後のデータは残っていない為、最新のデータに戻すことが出来ないということです。

iCloudストレージを増やす方法は?

最初に無料でiCloudで保存できるのは5GBまでですが、実は5GB以上に増やすことが出来ます

icloudストレージを追加購入する

それは「icloudストレージを追加購入する」方法です。

アップルで提供している有料プランがあります。

  • 50GB…130円/月
  • 200GB…400円/月
  • 2TB…1,300円/月

写真や動画を沢山撮る方は、すぐにiCloudストレージがいっぱいになってしまいます。

沢山のデータをiPhoneに保存したい場合は、icloudの追加購入をしておいたほうがいいかもしれませんね。

①iPhone画面の「設定」をタップする。

②設定の一番上の赤枠部分をタップし、「iCloud」をタップする。

③「ストレージを管理」をタップし、iCloudストレージを有料で購入します。

不要なデータや写真・動画を削除する

icloudストレージを追加購入しないで空き容量を作るには、必要のないメールや写真や動画のデータを削除する方法です。

  • 不要な写真や動画を削除
  • 不要なメールを削除(ゴミ箱を空に)

このようにして不要なものを削除してストレージの空き容量をつくります。

iPhoneのホーム画面の設定アプリからをタップして、iCloudストレージからどのアプリがどれくらいの容量を使っているかを調べることが出来ます。

私の場合、写真データをiCloudに保存するよう「オン」設定になっています。

そのため、写真でかなり容量を使用してしまっています。

写真をiCloudに保存しなくてよい場合は、オフにするのがいいかもしれません。

また、不要な写真や動画を削除すれば、iCloudストレージの容量を減らすことが出来るという事ですね。

写真のデータをUSBやパソコンに移す

iCloudで容量を占めているデータとして写真や動画があります。

撮りためた大切な写真は、パソコンを使ってUSBなどに保存していくようにし、iPhone内の写真や動画を削除していくのがいいかもしれません。

iPhoneの充電ケーブルを使い、パソコンとiPhoneを接続すれば簡単にパソコン上に写真や動画を保存することが出来ます。

ケーブルをパソコンに接続するとiPhone側で許可するかどうか聞かれます。

これを許可することでパソコン上でiPhoneの写真データを見ることが出来ます。

写真や動画をパソコンに保存したり、USBに保存したりして大切な写真を保管しておくのがいいかもしれませんね。

私の場合、どんどん増えていってしまう写真データはUSBに保存していくようにしています。

まとめ

iCloudストレージは、写真を沢山撮ったり動画を撮影する場合、結構すぐにいっぱいになってしまいます。

まめに整理して不要なデータを残さないようにするのがいいかもしれませんね。

・icloudストレージを追加購入
・写真データの保存をオフ
・写真データを削除もしくはパソコンやUSBに保存

この3つの方法で取り合えず解決するかと思います。

iCloudはもちろん、パソコンやUSBも上手く利用して大切なデータを保存管理してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして☆さくらこです。 初代Macからのパソコン歴20年以上の主婦ブロガーです。 主婦目線で気になったことなどを色々書いています!

Copyright© 櫻子の部屋 , 2019 All Rights Reserved.