櫻子の部屋では気になる情報をお届けします!

「Apple IDがロックされました」なりすまし迷惑メール!注意することや対処法

2019/12/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして☆さくらこです。 初代Macからのパソコン歴20年以上の主婦ブロガーです。 主婦目線で気になったことなどを色々書いています!

あなたのApple IDに登録しているメールアドレスに「Apple IDがロックされました」のメールが届いたことはありますか?

このメールはアップルを装ったもので詐欺などの迷惑メールです。


絶対にそのメールに添付されているリンクからApple IDにログインをしてはいけません。


ここでは、「Apple IDがロックされました」の迷惑メールが届いたときの対処法などを紹介したいと思います。

どうしてAppleを装ったメールが届くのか

まず、どうして自分のメールアドレスにAppleを装った迷惑メールが届いたのか、それはそのメールアドレスがどこかで流出しまった可能性があります。


インターネット検索をしてたどり着いた怪しいサイトをクリックしてアカウント登録をしてしまったなんてことありませんか?

インターネットで色々な情報を見ることが出来るようになった反面、悪意のあるサイトにたどり着いてしまうリスクも増えてしまいました。


このような迷惑メールが届くということは、いつの間にか自分のメールアドレスが流出してしまっているという事です。


「Apple IDがロックされました」迷惑メールの対処法

「Apple IDがロックされました」の詐欺メールが届いたら、基本的には無視で構いません。

それでも心配な場合は、自分のApple IDが本当にロックされているのか確認しましょう。


自分のiPhoneの画面でiTunes Storeのアプリを立ち上げ、音楽がダウンロードできる状態であればロックなどされていません。


この詐欺メールは私も届いたことがありますが、迷惑メール設定をしていても、なぜか迷惑メールフォルダに自動的に振り分けられなく、通常の受信箱に入ってきてしまいます。


しかも、内容も本当のアップルからのメールようなあたかも本物のような仕様なので騙されやすいのです。


でも、無視をしていてもメールアドレスが知られてしまっているので、今後も同じメールが何度も来る可能性があります。


そのリスクを無くすには、メールアドレスを変更しApple IDを変更するのがいいでしょう


もし誤ってクリックしてApple IDにログインしてしまうとどうなる?

もしAppleを装った迷惑メールを本物と思ってしまい、誤ってApple IDにログインしてしまうと、あなたが登録しているクレジットカード情報を不正に利用されてしまうかもしれません。


この迷惑メールの目的は、おそらくですが他人のクレジットカード情報を得ることです。


そのクレジットカード情報を使って不正利用されてしまうので、もし誤って情報を入力してしまった場合は、自分のApple IDを使ってクレジットカードが不正利用されていないかチェックしてください。

iPhoneでApple IDの購入履歴を確認する方法は?

iPhoneで自分のApple IDでの購入履歴を確認することが出来ます。


①まず、「設定」アプリをタップします。


「iTunes StoreとApp Store」をタップします。


③一番上の自分の「Apple ID:〇〇〇〇@〇〇〇」をタップします。


「Apple IDを表示」をタップします。


Apple IDのパスワードを入力してサインインします。

そうすると、Apple IDでダウンロードしたアプリや音楽などが一覧で表示されてみることが出来ます。

クレジットカードで不正利用があった場合は?

もし自分のApple IDに登録されているクレジットカードで不正利用があった場合は、すぐにカード会社に連絡してカード利用をストップする必要があります。


クレジットカード会社では、もし不正利用されても補償してくれる制度があり、請求されない・もしくはいったん請求しても返金となる場合がほとんどです。


クレジットカードをストップすると一時的に利用することが出来ない為、クレジットカードを主に使用している場合は不便かもしれません。


しかし、不正利用があった場合はやはりすぐにカード会社に連絡してストップし、新しいカードを発行してもらう手続きをするのがいいですね。


アップルに連絡する

不正利用があったApple IDをアップルに連絡するようにしましょう。


アップルに連絡をすることで、利用履歴などを調べ不正利用が確認されるとApple IDは凍結されます。


アップルはカード会社と連絡を取り合って不正利用の確認などを行ってくれます。

また、不正利用があり凍結されたApple IDはあきらめるか、問題が全て解決し再度の手続きをしてから同じIDを使用するかです。


新しいApple IDを登録すると、それまでのApple IDで購入していた音楽やアプリは全て使えなくなってしまうので、再度の手続きをしてあらたに使用したほうがいいと考える方の方が多いと思います。


それでも心配な場合は、新しくApple IDを別のメールアドレスで新規作成し、あらたに始めることをおすすめします。

どんな物に不正利用されるのか

Apple IDから漏れたクレジットカードで犯人が購入するのは、昔ならパズドラの魔法石、近年ならポケモンGOのポケコイン購入などです。


実は実際に私の子どもが使用していたスマホから情報が洩れ、不正利用されたことがあります。


その時は、パズドラの魔法石が毎日一万円分など購入されているという被害がありました。


それが手口は巧妙で、最初は疑われないように100円ほどの小額を不正利用し、使用できると判断されると徐々に金額と頻度が増えていきます。


この時は、クレジットカード会社とアップルに連絡し不正利用は全て補償されました。


それ以来、子供にはiPhoneに親のクレジットカード情報は登録せず、課金したい場合はiTunesカードを購入して入金してから使用するようにしています。

まとめ

Appleを装った迷惑メールが原因ではないのですが、子供のスマホから一度被害にあっているので、Apple IDのアカウントの取り扱いには特に注意しています。

Apple IDに登録するメールアドレスは、色々な所で利用しないのが一番です。

グーグルの@Gmail.comやヤフーの@yahoo.co.jpなど、無料で取得できるメールアドレスがあるので、最低でも2~3個のメールアドレスを取得しておくのがいいかもしれません。

複数のメールアドレスを持ち、使い分けることをおススメします。

この記事を書いている人 - WRITER -
はじめまして☆さくらこです。 初代Macからのパソコン歴20年以上の主婦ブロガーです。 主婦目線で気になったことなどを色々書いています!

Copyright© 櫻子の部屋 , 2019 All Rights Reserved.